Skip to content
公開日:2019/04/15  最終更新日:2019/05/14

着付け教室を東京で選ぶ!チケット制と月額制のメリット・デメリット

東京にある着付け教室の料金システムはチケット制と月額制が主流です。料金システムによってメリット・デメリットに違いがあるので、東京で着付け教室を選ぶときには両者の特徴をまずは押さえるところから始めましょう。

 

チケット制のメリット・デメリット

チケット制の着付け教室は、事前にチケットを購入し行きたくなったら使ってレッスンを受けるスタイルです。 購入するチケットは10回分などの単位でまとめ買いすることが可能で、まとめて買えば1回分が無料になるなどの特典があります。

東京でチケット制の着付け教室に通うメリットは、自分の都合に合わせて予約できることです。月額制だと決まった日時に着付け教室に行く必要があり、仕事や家事・子育てで忙しいと思うように予約できないケースがあります。しかし自分の都合に合わせて予約できるなら、仕事や家事で忙しい女性も安心です。都合の良い時間を見つけて予約できるので、毎月の料金は払っているのにレッスンを受けられないといったことがないのはメリットです。

デメリットは、購入したチケットに設けられた期限です。有効期限を設けている着付け教室もあり、その場合は期限内に全て使い切らないと無駄になってしまいます。またいつでも通えるという気持ちになり、つい先延ばしにして足が遠のいてしまいがちになるのもデメリットです。

月額制の着付け教室に通うメリット・デメリット

東京で月額制の着付け教室に通うメリットは、費用の総額を抑えられることです。 一般的に月額制の料金はチケット制よりも安く設定されていて、少ない金額で着付け教室のレッスンを受けられます。

少しでも費用を抑えながら着付けの技術を習得したいなら、最適な料金システムです。月額制の着付け教室には、決まった曜日や時間帯に教室に行きレッスンを受けなければいけません。そのため定期的にレッスンを受ける習慣が付くので、モチベーションが維持しやすいメリットがあります。

また定期的に講師のレッスンを受けることによって、技術の定着も早くなり着付けも早くできるようになるでしょう。月額制のデメリットは、都合の良いときにレッスンを受けられないことです。

毎週や毎月決まった日時に、時間が空いていてレッスンを受けられるならデメリットになりませんが、仕事や子育てをしていると予定を組むのが難しくなり、予約をしてもレッスンを受けられない可能性があるのはデメリットになります。

通いやすい料金システムを選ぶことが大切

チケット制が向いているのは、時間の都合を付けにくい人です。仕事をしながらや子育てをしながら着付けを習いたい人なら、比較的自由に予約ができるシステムが良いでしょう。

またこれから着付けを習いたいと思っている初心者も、最初はその都度買うのがおすすめです。最初にまとめて買ったりして先払いすると、途中でやめたくなったときに支払ったお金が無駄になる可能性があります。

しかし1回ごとに買うようにしていれば、お金が無駄にならず気持ちを確かめながら始めることができます。慣れてからまとめ買いや月額制に移行するのも、おすすめの方法です。月額制が向いているのは、時間の都合を付けやすい人です。料金の総額も一般的には安くなるので、無理なく着付けの技術を東京で学ぶことができます。

 

着付け教室の料金プランは、通いやすいことを重視して選ぶのがポイントです。場合によっては両方のシステムを上手に使い分けたりするのも、賢い決め方と言っても良いでしょう。

料金システムは、東京で着付け教室を選ぶときに重視したい点です。チケット制にも月額制にもメリットとデメリットは存在しているので、両者を比較し通いやすい方を選んだり組み合わせたりするのがおすすめの決め方です。