Skip to content

着付け教室に通うと資格の取得ができる!

 

着付け教室に通うと資格の取得ができる!

自分だけでなく、相手への着せ方も習得できる授業が展開されているのが、着物の着付け教室です。
首都圏を中心に、数多くの教室が展開しているので、どの教室を選択すべきなのか、事前にチェックします。
また、どのようなスキルを身に付けられるのか、こうした点も学ぶ際は重要視すべき点です。

 

着方が分からないキッカケで教室に通うメリット

ママ友から譲り受けた七五三用の着物であったり、代々引き継がれる一級品の着物など、いざ着ようと思っても、着方が分からないことは今の時代、少なくありません。
ですが、着崩した和柄ファッションは若い人に人気ですし、最近、都心部では着付け教室の数も、人気に比例して増加傾向です。
とりあえず都内にも、無料体験できる着付け教室があるので、まずは体験すること、そこから視野が広がる人も少なくないようで、着付け教室に通うことで、本来の目的である着付け方を身に付けられる他、着物に関する資格の取得までができます。
尚且つ、趣味の域などのプライベートだけでなく、仕事に活かすことも可能です。

 

仕事に活かすために資格を取りたい

着付け教室の授業は、基本的に初心者・中級者・上級者向けに分けられていて、習得したい資格の種類にも違いが見受けられます。
多方面で活躍する講師の存在も話題になる教室は、全国展開しています。
しかし、人気講師は都心に集中していて、越境して参加する人も少なくありません。
・資格の取得には教え方の上手い講師の存在もポイントになるようです。
・加えて、仕事帰りにも利用できるよう、夜間コースが設けられていることは、やる気にも繋がります。
・もう少しレベルアップを図りたいならば、コースがレベル分けされている教室であったり、短期実践型を採用しているのもポイントでしょう。
・資格保有者でも、何かしらの理由でブランクがあき、もう一度、基礎だけ学び直したい人も少なくありません。
時間の削減にも繋がります。
授業も、
★初心者向けでは基礎を定着させますが、
★中級レベルでは、実際の着付けを身体に染み込ませる内容で、着付け師になるための基礎を学びます。
★上級レベルでは、着付け師の資格を取得できるレベルですが、主に花嫁・振袖・訪問着などの高度な着付け技術を学びます。
・都心の教室には、資格取得コースとして、本科・専攻科・師範科を設けていたり、講師科では資格取得コースを教える講師を育成しています。
上級レベルともなると、学習期間が2年近くになることもありますし、教育費もそれなりの額になるので、トータル的にひっくるめて、真剣に学びたい人にこそ向いています。

 

着付けの資格以外にも色んな資格がある

着付け教室に通うのは、着物を着る機会が多い人だけではなく、着付けを仕事にする人も通います。
また、転職をキッカケに学ぶ人も少なくありません。

〇いろんな場面で活躍できる
・成人式や結婚式で着付けを仕事にする美容師のみならず、最近、着付けができる人に対する求人情報も増えていて、観光地で目にする機会も増えたレンタル着物店での需要も増加しています。
・その他にも、着付け教室では和裁の実習コースも用意されていて、例えば、服飾専門学校のように、着物のリフォームを仕事にしたいがために通うことも可能でしょう。
・中には、着付けだけではなくコーディネートも学ぶことが可能です。
ヘアメイクや礼儀・作法のマナー教室など、お得感の強い教室を選択するのもアリだと感じてしまいます。
・もちろん、花嫁や花婿を着付けるブライダル業界キッズ向けのフォトスタジオなどでも活躍が期待できるため、幅広い年代、性別問わず利用できる教室の1つでしょう。

〇まとめ
都心では、着物への関心も高く、こうしたユーザー向けに着物の着付け教室が開かれています。
もちろん、趣味の範囲でも学ぶことは可能ですが、せっかくならば、資格を取得し、多方面で活かすことを視野に入れるのもお得です。