Skip to content

着物の帯の結び方の種類は?

着物を着る時に多くの人が悩むのが着付けです。
ただ着れば良いというものでもなく、着くずれしないようにしなくてはいけません。

しかし普段着ない人にとっては大きなハードルになってしまいます。
特に帯を結ぶことに難しさを感じる人が多いようです。
結び方にはどのような種類があるのでしょうか。

女性の帯は既婚なのか未婚なのかで違ってくる

着物を着る時には洋服とは違ったルールがあることを覚えておかないといけません。
洋服とは違い立場によって細かな決まりがあります。
まず女性の場合には結婚をしているかいないかで、着付け方に違いがでてきます。
未婚の場合には結び方に制限はなく色々な結び方をすることができます。

また着物の種類と同じように、結び方を決める時にはその場にふさわしいかどうかを考慮して決める必要があります。
華やかな席の場合には、色々な結び方ができますが、格を合わせることが重要です。
結婚式など格が最も高いとされている時には織りのものを使うようにして、華やかさを出した結び方にします。
この時には地味すぎると失礼にあたることがあるので、一定の格以上の結び方にすると良いでしょう。

反対に普段の生活の場では、そこまで豪華なものにする必要はありません。
お太鼓結びのようなものや、お太鼓をアレンジしたようなものがおすすめです。

結び方は基本さえ押さえておけば、後は自由に自分好みにすることができます。
普段着のための結び方には、見る人が見るとわかるような珍しい結び方もあります。
衣類の柄だけでなく結び方を少し変えることでも個性を出すことができるでしょう。

結婚をしている女性の結び方は制限がある

洋服とは違い結婚の有無が着付けにおいて重要になってきますが、既婚女性の場合には結び方はお太鼓結びが基本になります。
お太鼓結びは同じように見えても、お太鼓の部分が一重になっているか二重になっているかの違いがあります。

お太鼓が二重になっている二重太鼓が最も格が高いと言われているので、冠婚葬祭などの時には必ず二重太鼓になるようにします。
それに比べて一重太鼓は普段使いに最適な結び方です。

結ぶ時にも長さが短いので、簡単に結べますし重さも軽量なものが多くなっています。
この結び方は全ての女性の着付けの基本となるものなので、まずは最初に覚えておきたいものです。

一重太鼓と二重太鼓は最後の段階になるまで同じ手順で結ぶことができるので、どちらも覚えておきましょう。
また未婚女性であっても、葬式の時などはお太鼓結びをすることがあるので、全ての女性に関係してくる結び方です。
初めて覚える時にはお太鼓結びをマスターしておきましょう。

結び方には自分でできるものとできないものがある

着付けをする時には自分1人で着ることができれば便利だと思う人が多いかもしれませんが、着付けができても1人では着られないものもあります。
洋服のように生活の中で着用するものは自分1人で着られるようになりますが、結び方の複雑なものは1人では厳しいでしょう。

振袖
を着る時には、通常は複雑な結び方を用いますが、そういったものは自分1人で着付けをすることができません。
どんなに着付けが得意だったとしても、自分では腕が届かないなどの問題が生じてしまうので、着付けをする時には誰かに依頼をしなくてはいけません。

お太鼓結びなどであれば自分1人でも十分に美しく着ることができるので、人に依頼をする必要はありません。
もちろん着崩れしないようにしたい場合は、着付けを依頼すると良いでしょう。
その際、着付けにかかる料金には差があることも多く、シンプルなお太鼓結びの場合には安く済みます。
複雑になればなるほど価格が高くなるので、振袖の時にはトータルの料金も高くなる傾向があります。

 

結び方には個人の好み以外にも、こういった点に気をつけて決めなくてはいけません。
洋服と違って色々なルールがあるので、事前にしっかりと確認しておくことをおすすめします。
自分のお気に入りの結び方を考えてみてください。