Skip to content

東京で着付け教室に通うか悩んでいるなら!マンツーマンレッスンもおすすめ

東京には着付け教室が多くあります。その中にはマンツーマンで着付けを習えるところもあるので、初心者の方に特にお勧めです。

他の生徒のことを気にしないで良いので、自分のペースで学べるメリットがあります。急用ができた場合に予定変更もしやすいです。

 

習い事はマンツーマンが向いている

 

東京にある着付け教室の中で、どこに行けばよいか迷う場合はマンツーマンのところをまず探してみましょう。

そのタイプの着付け教室だったら、全く知識がない場合でも始めやすいです。先生が基礎から教えてくれます。他の生徒さんと一緒に学ぶ着付け教室だったら、どうしても他の人の目が気になります。

東京は人口の多いところなので、着物の知識をある程度持っている人も少なくありません。初心者の方がそのような人達と一緒に勉強するのは無理があります。先生と一対一で基礎からじっくり教えてもらった方が続けやすいです。一対一の授業だったら、分からないことを質問するのも簡単です。

袋帯の結び方などはやや難しい面がありますが、マンツーマンだったら繰り返し教えてもらうことができます。他の人のことを気にする必要がないので、先生にもう一回結び方を教えて下さいと言えば良いのです。上達してからは学ぶ量を増やすことも可能です。

このようにレッスンの内容を柔軟に変更できる良さがあります。東京にあるこのタイプの教室の数は多いので、ネットで探せばすぐに見つかります。

 

一対一の授業だったら予定変更もしやすい

 

着付け教室には決められた日の決められた時間に通うのが好ましいです。そのような通い方をすれば、きちんとしたリズムで勉強を続けられます。ある月は1ヶ月に1回、次の月は1ヶ月に3回というように教室に行けば、レッスンごとの間があくので、勉強したことを忘れやすくなってしまいます。

しかし、予定外のことが起こって教室に行けないこともあるかもしれません。例えば病気になったら行けませんし、自分の仕事が急に忙しくなる場合もあります。そんな時にマンツーマンのところだったら予定を変更するのが簡単です。

早めに教室に連絡して別の日時に授業を設定してもらいます。このような手続きが嫌がられることはありません。何らかの都合により、自分の先生のレッスンを受けられない場合もあるでしょう。

そんな場合は別の先生が教えてくれます。先生の数は多いので、かわりの人を見つけるのは難しいことではありません。忙しくて教室に行けない日が続いても、着付けを習うことを諦める必要はありません。

 

教室の先生との相性がポイントになる

 

東京にあるマンツーマンの着付け教室に行く場合は、先生との相性がポイントになります。人間同士なのでどうしても相性の問題があるのは否定できません。

自分と合わない先生に教えてもらったら、上達が遅くなるかもしれません。性格の合う人がいる教室を見つけましょう。東京の教室の数は多いので、必ず見つけることができます。まずネットで良さそうなところを見つけます。

見つかったら、その教室の体験レッスンを必ず受けることです。ここが一番大切です。レッスンで自分とその先生の相性を見極めなければなりません。その時に一つのコツがあります。質問しやすい人だったら、相性が良いと言えるでしょう

どんなことでも良いので、着付けについて質問してみましょう。教室に入ってから、先生を交代してもらうことも可能です。これはやや頼みにくい面がありますが、遠慮する必要はありません。着付けを上達させることだけを考えましょう。先生の方もプロなので交代のことを気にはしません。

 

東京のマンツーマンの着付け教室だったら、自分のペースで学べます。全くの初心者の方でも、他の生徒の目を気にする必要がないので勉強しやすいです。自分が病気になった時などに、レッスンの日時の変更も簡単にできます。