Skip to content
公開日:2019/11/01  最終更新日:2019/10/15

着付けの講師になるにはどうしたらいい?必要な資格とは?

着付けの講師になるためには、着付けに関する知識をしっかりと身に付ける必要があるため、着付け教室で学ぶことも大切です。知識を身に付けるだけではなく、練習を繰り返して、人にも教えられる実力を身に付けることも重要になります。

経験だけではなく資格取得も大事

着付け講師になるために、特別必要になる資格はないですが、未経験の方がいきなり着付けの仕事に就くのは難しいため、就職を有利に進められるようにスキルは重要です。就職活動を進める際に、着付けに関する資格をきちんと取得していると、技能を習得している証明になるため、採用でプラスの評価をしてもらうことができます。

求人情報をチェックするときに、求人によってはスキルを証明する検定試験の合格など、条件が付く可能性もあるため、就職活動前にしっかりと学ぶことをおすすめします。着付けは独学では学びにくいと感じる方も多くいるため、着付け教室で学べるように準備を進めることも重要です。

就職活動前に、1人1人に合ったスケジュールで学ぶことによって、基本をしっかりと押さえることができるだけではなく、次のステップへと進めることもできます。就職活動をサポートしてくれる着付け教室があれば、スムーズに採用を決めるチャンスがありますし、人材を育てることも考えて、経験が浅い方も採用してくれる場合もあります。

着付け教室で学んだ後に、着付け専門家を見つけて、アシスタントをするなど、着付けに関わる仕事を始めて、経験を積むことも大切なポイントです。

ステップアップできる環境も重要

着付け教室の中には、気軽に学べる初心者向けコースもありますし、ステップアップできるようにいろんなコースを用意してくれています。ママ友と気軽に着付けを学び始めることもできますし、着付けを真剣に学んで仕事ができるようにしたい方もたくさんいるため、スキルアップを目指すことも大切です。

はじめは比較的取得しやすい資格から学び始めて、目標を達成した後に少し取得が難しいことにも挑戦できるようにステップアップすることも重要になります。ステップアップする際に、着付け技能士の取得を目指すことにも注目し、人に教えられる実力を身に付けることによって、着付け教室で講師となるチャンスを増やせます。

いろんなコースに注目して、ステップアップできるようにコースを選択していくことで、教室で学びながら人脈を広げていくことができます。短期間で集中して学べるコースを見つける方法もありますが、いろんなコースを選択しながら、長期間じっくりと学ぶ方も多いです。

美容師で着付けの仕事をするようになってから、着付けの魅力を知り、転職をして着付けにより深く関われる仕事を見つけるように教室で学ぶこともできます。

分かりやすく説明ができることも大切

人に着付けを教える場合、分かりやすく丁寧に説明できるように指導力も求められるため、評判が良い講師となれるように、教え方もしっかりと学ぶことが重要です。着付けに慣れていない方に対して、どうすればわかりやすく説明することができるかを相手の気持ちになって考えると、いろんな発見があります。

また、着付けを教える仕事は、体力も必要であり、力仕事があったり、講義中に立ち仕事が長くなることもあるため、慣れるまで少し大変に感じる方もいます。定期的に求人情報をチェックして、実務経験だけではなく、スキルの取得など、勉強を一生懸命頑張っている方も歓迎してくれる職場を見つけることも大切です。

 

着付け技能士など、着付け関連の資格はたくさんあり、就職活動をする際に、実務経験が浅い方でも、スキルがあれば採用のチャンスを作れます。スキルアップを目指すときに、着付け教室にしばらく通うことで、基本をしっかりと押さえることができたり、中級者向けのコースで学ぶこともできます。

教室で楽しく学べるだけではなく、人脈も作れるため、仕事を紹介してもらえるチャンスもありますし、教室に通いながら、自分で着付け関連の求人がないかを調べる方法もあります。