Skip to content

着付け教室に通う前に準備をしておこう!

着付け教室に通う前に準備をしておこう!

大和撫子を美しく輝かせる着物は着せてもらうよりも、自分で着付けができるようになった方が着物の着用する頻度も増しますし、好きな時に好きな着物を着られるようになります。
東京にはいくつもの着付け教室がありますので、自分にとってお稽古に通いやすい教室で、着付けをしっかりと学んで身につけることです。

 

毎回のレッスンには自分用の着物持参も

東京の着付け教室に通うことにしたら、レッスンが開始をするまでに教室に通うために必要なものを準備することです。
選ぶ教室にもよりますがレッスンを受ける際には、自分用の着物を毎回持参するルールの教室もあります。
着付け教室の規模にもよりますが、個人経営をしているような教室や、自宅を開放して趣味の延長線で生徒さんを募集しているところなどは、着物の用意はないことがほとんどですから、お稽古のある日に本人による持参です。
昔ほど着付けをすることが日常的ではない現代ですから、大きい着付け教室でもないと、着付け教室だけで生計を立てることのできる先生は少ない為、生徒さんを集めても手ぶらでOKというケースはあまりありません。
逆にできるだけ手荷物を減らして着付けを習いたいのであれば、小さな教室よりも大きい全国展開するくらいの教室を選び、ほとんどレンタルでレッスンを受けるという方法もあります。
こじんまりした環境で、先生との距離も近く、アットホームな雰囲気で学ぶなら、小規模な教室でのレッスンです。

 

着物用の自分専用下着類を用意しておく

着付け教室のレッスンでは着物のための下着類も必要になりますが、着付け時の下着は通う前に一通り準備をしておきます。
大きな教室では何から何までレンタル可能というケースもありますが、着付けを学びこれから自分で着て行こうとするなら、着付けようの下着は自分用を購入しておくことです。
着物用の肌着や下着類は洋服着用時のものとは形も違いますので、裾除け長襦袢肌襦袢はまず用意をしておきます。
和装をする際は縛るという方法で衣類の固定を行いことが多いですが、下着も同じですから紐は3本ほど準備をしておくこと、素材としてゴム製でも構いません。
3本使うのは紐として基本の本数ですが、もしも着物ベルトを購入するのであれば、使用は2本あれば十分です。
プラスチック素材が一般的な衿芯に、和装の着崩れを予防するための紐となるだて巻きか伊達締めも揃えておきます。
レッスンが始まると何かとあわただしくなりますので着物用の下着だけは早めに購入をして揃えておくことです。

 

着付けに必要になる様々な小物類も用意

着物着用には様々なアイテムが必要になるので、着付け教室に通う前に必要な部品帯関連も準備をしておくことです。
衿元はいつの間にか着崩れを起こしやすいですから、着物ベルトを事前に準備しておくこと、衿をキチンと固定できる衿止めも用意をします。
着物には帯がなくては始まりませんが、基本の帯のほかにも帯の前をキレイに整えるための帯板に、お太鼓を作る帯枕と帯枕に使う帯揚げに帯締めなども必要です。
洋服とは違いますので着物着用時の足元には足袋が必須ですし、必要に応じて和装用バッグ草履なども用意をします。
レッスンに通う際にはいろいろと持参するものが多いですから、紙に書き出して準備をすると忘れ物を防ぎやすいです。
毎回のレッスンの際には専用のバッグに詰め込んで持参をするので、全てまとめておいてレッスンの際に困らないようにします。
教室にもよりますがレッスン開始で専用テキストも購入するケースがあるので、もしもテキストを別途購入する場合は、毎回のレッスンにテキストも持参することです。

〇まとめ
ワクワクした気持ちで始める東京の着付け教室は、着付け教室ごとに持ち物にも違いがありますが、一通り準備をしておくとレッスンが始まってからもスムーズです。
自分専用の着物用の下着をはじめ、紐や帯に着物など着付けを学ぶためには必要なものがいろいろあります。