Skip to content

男性と女性で着物の着方が違う?

洋服では男女で着方に違いがありますが、和服でも異なる部分はあるのか、気になる人は少なくありません。
結論から言うと、確かに着方に多少異なる部分があります。
どの部分で男女差が出るのか、確認して着こなせるようになると着物がより映えるでしょう。

襟元は男女共通なので気にしなくていい

浴衣であろうと訪問着、紋付袴であろうと、和服の場合には右を前にすることが一般的とされています。
ただし、右前と文字にして表現すると自分側から見た右の部分を前にすることが正しいように思われがちですが、それは間違いです。
自分ではなく、他人から見た右を前にする事を指します。
もっと簡単に言うと、身につける時に右を先に肌につけると覚えておくと、無作法にならないでしょう。

なお、肌につけるのを左身ごろから先にすると「左前」と呼ばれる失礼な着方になってしまうため注意してください。
「左前」は、亡くなった方に着せる衣装の方法とされているため、身に着ける時に左身ごろは後に前に持ってくる、右身ごろを先に肌につける形にすることが正しい方法だと覚えましょう。
着物の用語では時間帯で先に行うことを「前」と表現しますので、「右前」といわれた場合、「右を先に肌につける」と覚えておいてください。

男女の違いで最もわかりやすいのは衣紋

一番わかりやすい男女の違いは、衣紋の抜き方にあるといえるでしょう。
衣紋とは、一般的に和服の襟の部分をさす言葉として知られています。
ただし、着物の用語としては「後ろ襟」を指しますので、注意してください。

衣紋を抜くとは、「後ろの襟部分に隙間を開ける」事を指します。
男性の着付けとして、衣紋を抜くことはありません
密着していることが着付けとして正しい方法とされています。

対して女性の場合、適度に衣紋を抜くことが一般的です。
ただし、衣紋を抜く場合、ある程度節度を保った抜き方が正しい方法といわれています。
あまり抜きすぎる、つまり「隙間を開けすぎる」とかえって下品な着付けと感じられてしまうからです。

なお、和服であっても仮装として「花魁」のようなセクシーな着付けが魅力的と感じられるタイプの場合、大胆に衣紋を抜いた方が却って美しく見えます。
なお、適度な抜き方がわからない場合、「衣紋抜き」と呼ばれるアイテムがあるため、活用しましょう。
初心者や和服に慣れていない場合には役立つアイテムとされています。
人によっては自作する場合もありますが、市販されている物も多いため、好きなやり方で活用してください。

帯の部分にも大きな違いが見える

男女別の着こなしポイントとして挙げられている部分のひとつに、があげられます。
女性の場合帯の幅があるため、胸の下から腰までの部分に帯を締めるのが一般的です。
対して、男性の場合には骨盤の位置で締めることが一般的とされており、一見わからないようでいてはっきりと区別がつくでしょう。

男性の場合にはローライズのパンツを身につける時のベルトの位置が、帯の位置とされています。
女性の場合には骨盤よりも多少上となるため、ウエスト全体を帯で覆う形となるでしょう。

また、おはしょりといわれる着付けをしたときに余る布地の部分も、相違点となります。
女性の場合、長い和服の裾が余った部分がおはしょりとなります。
帯の下にあまった布地を出す方法は女性の着付けでよく見られます。
対して男性の場合には和服を身につけた時にあまる布地がありません
そのため、おはしょりと呼ばれる部分が見られることはないのです。

 

あまり見かけたことがない和服の着こなしであっても、男女では相違点があることを理解し、同じ部分は同じで相違点は相違点として覚えておいて下さい。
将来着付けをしたいと考えている人ばかりでなく、現在パートナーがいる人でもいない人でも身に着けるときに役立つでしょう。