Skip to content

着付け教室はどれぐらいの期間で習える?

着付け教室はどれぐらいの期間で習える?

ファッションに敏感な日本人女性は毎月発行される、オシャレなファッション誌をお手本にしていますが、洋服も楽しみながら和服への関心度も高いです。
東京の着付け教室で学ぶことで、自分で着られるようになるので、一定の期間コンスタントに通って学べば一生ものになります。

 

基本の着付けであれば3ヵ月ほどで身につく

気軽に通いやすい着付け教室は東京にいくつもありますが、いったい着付け教室はどれぐらいの期間で習えるものか、初めて習う人にとっては疑問です。
多くの着付け教室は3ヵ月を一区切りにしているので、欠かすことなく通い自宅での復習も兼ねてこなせば、3ヵ月ほどのカリキュラムで簡単な着付けを自分ですることができるようになります。
最短コースで3ヵ月ですが現代を駆け抜ける女子は何かと忙しいので、毎回欠かさないでレッスンに通い自宅でもきちんと着付けをするのが難しいと、自分で着付けができるまでもう少し時間が掛かる事もしばしばです。
忙しい日々を送っていると優先順位的に、仕事やお金に関わることは最優先になり、最も優先順位が下がるのはお稽古なので、着付け教室も足が遠くなることがあります。
でもあらかじめいつまでに着物を自分で着られるようになりたいという、明確な目標を持って通い始めることで、3ヵ月間しっかりと教室は通い学びを得て、自分で着られるようになる人もとても多いです。

 

教室で学びながら自宅でも復習をして練習を

すぐにでも着物を着付けできるようになりたい気持ちはあっても、教室ごとに用意されているカリキュラムをこなし、着実に身につけていくのが最も近道です。
東京の付け教室に全くの初心者が通い、基礎から学ぶのであれば週に1回くらいのペースで通い、3ヵ月くらいを目安に通うことで、カジュアルな小紋や紬の和装を自分で着こなすことができるようになります。
着物のことは右も左もわからないという人でも、週に1回くらい通うことで着物に自然と慣れ親しむことができますし、レッスンの入り口としても3ヵ月が目安なら習うにしても負担にはなりません。
基本的な着物の下着着用や小紋の着方、紬の着方やお太鼓結びに、夏には女子が特に可愛くなる浴衣の着方なども学ぶことができます。
この期間に教室で学んだことを自宅でも再度やってみること、講師に教えてもらった注意点を含めながら自宅でも着付けの練習をすることで、次回のレッスンの時にはさらに上達するので、着付けは復習をするのもセットです。

 

確かな技術を身につけるなら長く通うことも

着付け教室は東京にいくつもありますから、自分のライフスタイルに合った通いやすい教室を選びやすいです。
★まずは着物に触れて着物を着てみたいのであれば、月に4回ほど通い2ヵ月くらいで学べるコースで、着物を試しに着てみる感覚で通うこともできます。
教室により回数や期間には違いはあるものの、週に1回くらいで2ヵ月から3ヵ月も通えば、着物と毎週触れ合うことができますし、初心者が着物になれるには良いペーです。
短い期間ではあっても毎週着物には触れることになるので、初心者でも楽しい着物との触れ合いの中で、自分で簡単な着付けができるくらいになります。
★自分1人で着付けができるだけではなく、人にも着付けをしてあげることができるようになるなら、半年以上通ってみっちりとレッスンを受けることです。
基本着付けに始まり帯結びをマスターするだけではなく、ほかの人に着付けるまでのスキルも身につけることができますので、周囲の人たちにも喜ばれます。

〇まとめ
東京での着付け教室は一定の期間通い学ぶことで、自分で着られるようになりますし、長く通い人に着せられるまでの技術をマスターすることも可能です。
初心者などはまずは着物に触れる機会を持つのが大事ですから、毎週レッスンのあるカリキュラムで数ヵ月は通い、そのうえで他人にも着せられるようになるのを目指すなど、目標を持つのも楽しいか良い方になります。