Skip to content

外国人の方にも着付け教室は人気?

外国人の方にも着付け教室は人気?

日本といえば和装ですが、普段洋装に慣れた現代人は、自分で着付けをできない割合も多めであり、だからこそ現代人にも人気なのが着付け教室です。

また、自分で着付けをしたいのは日本人のみならず、実は日本人よりも熱い情熱をもって着付け教室に挑戦する外国人も増えてきています。

 

一人で着付けるのは難しいからこそチャレンジ

日本人よりもっと強い関心を持ち着付け教室にチャレンジをする外国人が増加傾向にありますが、外国人から見た着物姿はエレガントそのものです。

世界にはあらゆる民族衣装がありますし、外国人でもあらゆる国の民族衣装を、お金さえ出せば簡単に着用をすることはできます。

中国であればスリットの入ったセクシーなチャイナドレス、韓国であればチマチョゴリ、ベトナムはアオザイなど、各国の民族衣装はいずれも自分で簡単に着ることができます。

海外の人がこうした手軽に着用できる民族衣装に関心を持つものの、日本の民族衣装である着物は自分一人ですぐに着られるものではありません。

だからこそ外国人にとってはさらにミステリアスなものをして目に移りますし、和装を着こなすエレガントな姿に感銘を受けて、自分でも着てみたいという熱い情熱を持ち始めます。

着物を着用すると背筋がピンと伸びますから、普段スマートフォンやパソコン生活で猫背な人でも、しゃきっとした見た目になり、それも着物はエレガントと思わせる要因の一つです。

 

色鮮やかできれいな着物は外国人の心を掴む

日本人も海外へ出かけては世界を見る体験をするケースは多いですが、オープンで自己表現もはっきりしていて、何にでも強い関心を示す外国人はさらに探求心が深いです。

海外の人からしたら日本の民族衣装である着物は神秘的そのものであり、和装を試して日本人になりきってみたい願望もあります。

せっかく異国の地に訪れたのですから、日本の習慣と文化を自分で実際に体験をしたくなるのも、好奇心の強い外国人ならではです。

実際に目で見る着物は色鮮やかで美しく、触れてみると生地も上質なものであり、これらをただ眺めるだけではなく、
自分で着こなせたらという願望を持つ外国人に、その場を提供するサービスが増えています。

着物は色白で髪が黒く小柄な日本人に似合いますが、大柄で金髪な外国人には素材そのものに華がありますから、着物が似合わないわけがありません。

外国人向け着物教室を開催するところも多くなっているので、外国人は自分で挑戦をしたいと申し込む人が増えています。

簡単な浴衣ならすぐに着られるように

本格的な市販を目指すくらいの着付け教室の通い方は、長い時間をかけて試験のパスも目指して取り組むものですが、
浴衣くらいだったら1日コースでも着付けはできます。

外国人の方にも着付け教室は人気が高まる一方であり、長期滞在者であれば数か月間のコースも良いですし、
1日で簡単な浴衣を着付けできるレッスンだったら短期間滞在の外国人にもピッタリです。

着付け教室では幅広い生徒さんを集めていますので、講師が英語に堪能な人であれば、
海外の人を生徒に迎えても全く問題はありません。

外国人は日本の伝統文化に強い関心を持っていますし、着物という文化に興味を持たない外国人はまずいないです。

和装になるといつもはガサツな動きをしている人でも落ち着いた品の良いしぐさになるのは、
着物という締め付けなども多い服装ならではで、ピシッとした着付けは行動さえもエレガントに抑制させます。

外国人の方は、映画やネットや書籍で日本を学びイメージを持っているので、
着物といえば武士道であり、忍者や侍に芸者など、外国人の好奇心を満たすものばかりです。

だからこそ自分で着てみたい気持ちが強くなり、教室を利用する外国人が多くなります。

■まとめ

振袖のような豪勢な着付けではなくでも、外国人の方にも人気の着付け教室は浴衣の着付けから学ぶことができます

また、最近は外国人観光客が増えてきている傾向もあるので、今後外国人の方が日本の文化に触れる機会も増えていくと考えられます。

日本滞在期間の限られている外国人にとって着物は魅惑的なもの、だからこそ自分で着てみたい願望は強いです。