Skip to content
公開日:2019/08/01  最終更新日:2019/06/25

東京で人気のある着付け教室の特徴

東京には非常にたくさんの着付け教室があり、全国チェーンの大手教室から個人が自宅で教えているような教室まで、規模もスタイルも多種多様です。

そんな中、東京の着付け教室に関するネットの口コミなどを見ていると、人気の高い教室にはいくつかの共通した特徴があることが分かります。これらの特徴をあらかじめ知っておくと、東京で教室選びをする際の参考になります。

 

初心者向けから上級者向けまで幅広いコースがある

着付け教室に通う目的は人それぞれで、今までまったく着物に袖を通したことのない人が着付けの基礎を学びたいというケースもあれば、プロの着付師を目指す人が通うこともあります。中には、最新流行の帯の結び方だけを習いたい、などという人もいます。

こうした多様なニーズに幅広く応えられる教室は、自分のレベルや希望に合ったコースを探しやすいということで人気があります。 もちろん、東京は着付け教室の数が多い街なので、初級者向けコースを修了した人がさらなるステップアップを目指すには別の教室を選ぶこともできます。

ただ、仕事などの合間を縫って通うのであればおのずと選択肢が限られてくるので、同じ教室に通い続けられるのであればそれに越したことはありません。

また、同じ教室内で継続して上のコースに進むのであれば、入学時に必要な費用を節約できるので経済的です。さらに、同じ先生に引き続き習えるようであれば、コミュニケーションが取りやすいというメリットもあります。

 

自分のライフスタイルに合った学び方ができる

東京の着付け教室はコースの内容だけでなく、授業の進め方もバラエティに富んでいます。そんな中、仕事や学業などと両立させながら着付けを習いたい人の間で人気が高いのが、カリキュラムの柔軟性が高い教室です。

一般的な着付け教室はレッスンのたびに毎回同じ内容を繰り返すのではなく、その都度新しい知識やテクニックを学びながら少しずつ前に進んでいきます。そのため、レッスンを途中で休むと知識に穴があいてしまったり、その後のレッスンについていけなくなってしまったりすることがあります。

このような事態を避けるには、レッスンに出席できなかった時は同じ授業課程の別のクラスで授業が受けられる、振替制度を設けているかどうかが教室選びのポイントになります。

チケット制を採用していて、同様に、自分の都合が合うクラスを自由に選べる教室も仕事や学業と両立するのに好都合です。もちろん、家事や育児の合間に通学したい専業主婦にとっても便利なシステムであることは言うまでもありません。

 

さまざまなイベントやオプションが楽しめる

着物の着方さえひと通り覚えることができれば、着付け教室に通う目的は一応達せられます。

ただ、それに加えて着物に関わるさまざまな生活文化やイベントなどに触れる機会があれば、日々の暮らしにいっそうの彩りを添えることができます。 こうしたことから、着付け教室の中にはお茶会や観劇会を催したり、東京近郊でお花見旅行を開催するなどして、着物を楽しめる機会を設けているところがあります。

また、オプションでマナー講座を受講できる教室もあります。結婚式やお葬式など、改まった席で着物を着る機会はしばしばありますが、そのような場所でのマナーをあらかじめ学んでおけばいざという時にまごつかなくて済みます。

イベントには参加したいけど着ていく着物がない、という人であれば、レンタル制度を設けているかどうかもチェックポイントにするのがおすすめです。生徒であれば無料で着物や帯を貸し出している教室は少なくないので、これを利用すればお財布に無理なくおしゃれを楽しめます。

 

着付けを学ぶということはもちろんファッションのバリエーションを増やすことに他なりませんが、同時に日本人が大切にしてきた伝統文化を学ぶことでもあります。この国に生まれたことの幸せと歴史を継承することの大切さを認識する格好の機会にもなると言えます。