Skip to content

夏の着物と冬の着物の違いって何がある?

日本の伝統的な和服は季節によって多少の違いがあるので、若い年代の人は専門的な知識やマナーを身に付けておく必要があります。寒い時期に着用する和服はと呼ばれており、裏地が付いているので保温性に優れているのが特徴です。暑い時期に着用する和服は、単衣薄物と呼ばれており、裏地が付いておらず通気性に優れた涼しい商品が多いです。和服は季節に合わせた柄やカラーになっているので、バッグや草履などの和風小物も用途に合わせて選ぶことが大事です。寒い時期は肌襦袢も裏地が付いた商品を選んで下さい。

 

 

寒い時期に着用する和服は袷と呼ばれています

若い年代の人は伝統的な日本の和服のマナーや違いを知っておきたい人が増えています。一見は同じように見えますが、季節によって大きな違いがあります。冬用の商品はと呼ばれており、裏地が付いている商品が多く暑い時期に着用する和服とは違い、保温性に優れているのが特徴です。カジュアルな場に出席をする場合はウールや化繊などの素材は暖かいので、幅広い年代に人気があります。

着物は動物や植物などが描かれている商品が多いですが、季節に合わせた柄になっているので、購入する時は季節感のある商品を選ぶことが大事です。結婚披露宴やパーティーなどのフォーマルな席に出席をする時は、正絹などの高品質な素材を使った商品を着用することが大事です。10月から4月ぐらいは気温差が激しく、寒い日もあるのでウールや化繊、正絹などの素材を使った商品がお勧めです。

暑い時期は単衣や薄物を着用しています

夏の暑い時期に着用する和服は、単衣薄物と呼ばれており裏地が付いておらず、通気性に優れた涼しい素材の商品が多いです。カジュアルな場に出席をする時は、紬や木綿、化繊などの素材の人気があります。6月から8月ぐらいの暑い時期は薄物と呼ばれている和服の人気があります。単衣の和服に比べると透ける素材の商品が多く、肌触りがよく長時間着用していても、蒸れにくく快適な商品が揃っています。

暑い時期に着用する着物は涼し気な印象の柄やカラーの商品が多いので、じっくりと比較してから購入すると良いでしょう。単衣は裏地が付いていないので、9月頃の残暑が厳しい時期に着用する人が多いです。和服に合わせた帯も涼し気な雰囲気になっており、通気性に優れた商品が揃っています。汗をかくため通気性に優れた和服用の下着を着用すると快適です

寒い時期は保温性の高い下着を着用しましょう

若い20代の人は社会人になると交友関係が増えるため、結婚式の披露宴やパーティー、イベントなどに出席をする機会も多く、上品で清楚な印象の和服を着用したいと考えている人が増えています。和服は一見すると同じように見えますが、季節によって大きな違いがあり、きちんとした知識を身に付けておく必要があります。

寒い時期に着用する袷は裏地が付いていますが、長襦袢などの肌着も裏地が付いている商品を選ぶと、保温性に優れているので寒さを感じにくいです。季節によってバッグや草履、髪飾りなども変えたほうが統一感が出てきます。フォーマルな席に出席をする時は色留袖振袖訪問着などの着物を着用することが多いです。冷え性の人は保温性の高い下着類を着用したり、専用のコートなどを着用したりすると良いでしょう。

 

和服は一見すると同じように見えると感じている人が多いですが、季節によって大きな違いがあります。寒い時期に着用する和服は袷と呼ばれており、裏地が付いていて保温性に優れた商品がほとんどです。カジュアルな場に出席をする場合は化繊やウールなどは、保温性に優れているのでお勧めしたいです。暑い時期に着用する和服は単衣や薄物と呼ばれており、裏地が付いておらず通気性に優れた商品が多いです。薄物は6月から、8月頃に着用しますが、単衣に比べると透ける素材になっており、涼しいのが特徴です。