Skip to content

着付け教室にかかる費用はどのくらい?

中高年以降の人はもちろん、若い年代の人も着物の着付けを学びたい人が増えています。

どれぐらいの費用が必要なのか知りたい人が多いですが、中等科や高等科の場合は、4万5千円から5万円前後になっています。

教材費や資格を取得するための料金は、別途で必要になります。

若い年代の人は無料体験レッスンを受けるのがおすすめです。

教室では着物や肌襦袢、帯などをレンタルできるため、専門的な知識を持っている講師が丁寧な指導をしてくれます。

基本的な着付けの方法を学べるのが魅力です。

 

無料体験レッスンが受けられる教室があります

10代から、20代前半の大学生や社会人、30代以降の主婦層まで、伝統的な日本の衣裳の和服に高い関心を持っている人が多く、着付けを学んでみたい人が増えています。

数多くの着付け教室がありますが、どれぐらいの費用が必要なのか知っておく必要があります。

テレビや雑誌などで紹介されている人気の教室では、無料体験レッスンが受けられます。

無料体験レッスンでは、肌襦袢や着物の着方、帯の結び方まで丁寧に指導をしてもらえます。

受講をするために必要な着物や帯、和装小物などはレンタルができるため、若い年代の人から、中高年以降の年代まで幅広く通学をしています。

教室を選ぶ時はなるべく自宅から近かったり、主要な駅から利便性の高い立地の所がおすすめです。

豊富な知識や経験を持った講師が在籍をしており、基本的な着付けの技術を習得できます。

 

中等科や高等科の平均的な相場を知っておきたい

30代以降の主婦層や、50代以降の中高年の年代は、中等科や高等科などで袋帯の結び方や、本格的な着付けを学びたい人が増えています。

平均的な相場を知っておくと安心です。

中等科や高等科のレッスンの場合は、4万5千円から、5万円前後になっており、別途で教材費や資格を取得するための費用も発生します。

数多くの着付けの教室があるため、電話やインターネットなどで料金を確認しておくと安心です。

本格的に着付けを学びたい人は、平均的な相場の受講料の教室を選ぶと、幅広い年代の人が通学をしています。

買い物や仕事帰りに立ち寄りやすい立地や、時間帯のレッスンをしている教室を選ぶと、忙しい人も無理なく通うことが出来ます。

公式サイトなどで、受講したいコースの料金が表示されているため、じっくりと比較検討をしてから、申し込みをすると良いでしょう。

 

初心者向けのコースは料金がリーズナブルです

比較的若い年代の人は、美容師資格を取得するために着付けを学びたい人もいますし、花嫁修業としてはもちろん、気軽に着物を楽しみたい人まで、着付けの教室に通っています。

結婚披露宴やパーティーなどのフォーマルな場はもちろん、ちょっとした外出にカジュアルな着物を着用したい人にも人気があります。

地元で評判の高い教室を選ぶと、無料体験レッスンが受けられるため、受講をしてみると良いでしょう。

初心者向けのコースは、中等科や高等科に比べるとリーズナブルな料金で受講ができます。

着物の知識が乏しい場合でも、専門的な知識を持った講師が担当してくれるので、安心してレッスンが受けられます。

初めて着付けを学びたい場合は、少人数制の教室がおすすめです。

複数の教室の料金を比較して、無理なく通える所を選びましょう。

 

30代以降の主婦層から、10代から20代前半の大学生まで、日本の伝統的な着物の着付けを学びたい人が増えています。

数多くの教室がありますが、どれぐらいの費用が必要なのか知っておきたい人が多いです。

テレビや雑誌などで紹介されている人気の教室では、無料体験レッスンが受けられるため、一度受講をしてみると良いでしょう。

初心者向けのコースは、中等科や高等科に比べると、リーズナブルな料金で受講ができます。

平均的な相場の教室を選ぶと、安心して通学ができます。