Skip to content

着物の着方を学ぶなら着付け教室へ

はじめまして。ホームページを閲覧いただきありがとうございます。
サイト管理人のMAKIです。
娘の七五三に母からもらった着物を着ようと思ったんですが、着方が分からず趣味のネットサーフィンで調べたところ、東京には様々な着付け教室があるのを知りました。

今、着付け教室ってとても人気ですよね。いろいろ調べたのですが、どこが良いのか分からず、とりあえず東京中の様々な着付け教室の無料体験に参加しました。ただ、教室ごとに様々で不快な思いをする教室もありました。

では実際に着付け教室に通っている人はどんな理由や目的があるのでしょうか?また、着付けが出来るようになるとどんな場面で役に立つのか?調べてみましたので紹介したいと思います。
これから教室を探している方やもっと良い着付け教室を探している方の参考になればと思いこの、評判の良い着付け教室のランキング形式の比較サイトを作成しました。

私は良い教室に巡りあうことができ、今は専業主婦ですが、今後は着付け講師としても頑張っていこうかなと思っています。

おすすめの着付け教室ランキング

東京には着付け教室が数多くあり、各教室様々な特徴があります。どこの教室にすればいいのか分からず、とりあえず入ったはいいものの自分に合わず不快な思いをすることも・・・。
そこで、今回はどこの着付け教室に通えばいいのか分からずに困っている人や、今通っている着付け教室よりももっと良い着付け教室を探している方に向けて、東京でおすすめの着付け教室を比較ランキング形式で紹介しています。是非自分に合った着付け教室を見つけてくださいね!


NO.1

講師の質が高くコースも豊富!実績も豊富な着付け教室!

花 京都きもの学院

東京で着付け教室を探している人にまずオススメしたいのが「花 京都きもの学院」です。花 京都きもの学院はテレビドラマに出演する芸能人の着付けを担当する等、実績も豊富なので安心して受講出来る着付け教室です。 テレビに利用される程ですから、当然講師の質も高いです。それぞれの講師がいくつもの実績を持っています。講師が揃っているので受講出来るコースも豊富に用意されています。特にオススメのポイントなのが、自装と他装についてそれぞれのカリキュラムが用意されている点です。

詳細はこちら 公式サイトはこちら

よく読まれている記事

着付け教室に通う理由とは?どんな場面で役に立つ?

最近人気になってきた着付け教室。実際に着付け教室に通っている人はどんな理由や目的があるのでしょうか?また、着付けが出来るようになるとどんな場面で役に立つのでしょうか?
そもそも着付け教室に通っているのは着物を着る機会が多い人だけではなく、着物を着せてあげる人も多いようです。要するに教室に通って着付けを覚えて、他の人に着物を着せてあげる人ですね。これは成人式や結婚式で着付けを仕事にしている人などが多いのですが、最近では着付けが出来る人に対する求人情報も増えているのだそうです。

確かに着物自体が一昔前というイメージもありますので、若い世代で着付けの出来る人が減っているということも影響しています。ただ、日本から着物が無くなることはないと言われていますから、その技術は誰かによって永久的に受け継がれて欲しいですよね。

冒頭に書いた無料の着付け教室は、着付けが出来る人を増やそうという試みもあるのだそうです。やはり、着物という文化を残していく為には着物を織るだけではなく、使っていってナンボの世界でもありますからね。着物に関わる多くの人の願いもこめられているということですね。

着付け教室に通う理由や目的を調査してみると、いろいろな想いが集まっていることが分かりますが、基本的には「自分で着物を着たい」もしくは「誰かに着せてあげたい」という人が多いようです。

また、そういった事情から着付けというスキルは今後更に注目されますし、仕事としても役に立つ可能性が高いと言えるでしょう。

着物っていつ着るの?素朴な疑問を解決します!

日本を象徴する服装といえば着物ですよね。着物はキレイと外国人からも高評価を得ていますが実際に着物を着ている人を見る機会は少ないように思います。これはいつ着物を着ればいいか?という考え方が少しずつ変わってきている為と言われています。しかしながら本質は変わっていませんので着物をいつ着る?と言う素朴な疑問を応えてみたいと思います。

まず、着物と聞いて大人の女性をイメージする人が多いのではないでしょうか。ドラマや映画等では「クラブのママ」が素敵な着物を着ていますよね。銀座などへ足を運ぶと着物を着ている女性に遭遇する機会は確かに多いです。また、京都なども舞妓さんを始め旅館の女将なども着物を着ていますよね。このように恒常的に着物を着ている女性も多くいるので、実は身近に感じられるものではないか?と思いますが、実際には銀座にも京都にもあまり縁がない女性も多いですよね。そういう女性はスポット的に着る場面を思い浮かべてみてはいかがでしょうか。

もっともよく着られているのが結婚式ではないでしょうか。最近ではドレスを着る人が増えましたので見かける機会は減りましたが、やはり日本人の結婚式といえば着物ですよね。また、入学式や卒業式で着る人も多いですよね。

着物というと大人の女性というイメージがあると書きましたが、大学の卒業式では卒業生が着ている姿をよく見ますよね。また、女性にとって最も着る確率が高いと思われる成人式。ここではほとんどの人が着ているのではないでしょうか。

こうして書いてみるとイベント的な日に気合を入れて着ることが多い着物ですが、よく見てみると職業柄毎日着ている女性も多くいることがおわかりいただけると思います。また、実際には着物を着る定義は定められていないので普段から着ていても全く問題ありません。

いずれにしても日本を象徴する服であることは間違いなく、本当にキレイですから機会があれば積極的に着てみてはいかがでしょうか。

着物を知ろう!着物のいろは教えます!

さて、少しコーヒーブレイクです。着付け教室について調べていく中で、着物そのものに興味が沸く人も多いのではないでしょうか。少し着物のいろはを紹介したいと思います。

まずは、着物の歴史。現在は華やかでキレイな織物ばかりですが、歴史を辿ると最初は平安時代に着ていた衣服が始まりのようです。もちろん縄文時代から簡単な服はあったのですが、腰や肩に掛けているだけの形状から少し身体を包むものまで少しずつ進化していってます。そんな中平安時代に小袖と呼ばれる服が誕生しここから現代の着物へと進化してきました。

時代が進むにつれて重ね着という文化も生まれ、徐々に重厚な着物が登場してきます。歴史書等を見てみても鎌倉時代には、華やかな着物も登場しており、江戸時代に突入する頃には、現在の着物を変わらないようなデザインにまで進化しています。もちろん今でも進化を続けており、今後も様々な着物が登場すると期待されています。

さて、現在に目を向けてみます。着物で気になるのは「高級感」ではないでしょうか。一般的には生地や手織りなど時間を掛けて製作する着物が高価とされています。時間はプライスレスですから、ある程度「言い値」であって適正価格はグレーな部分ではあります。また出来上がりを見てみると刺繍の入り方、特に装飾が多い方が高価と言われているので、見る人が見ると一目で価値が分かるのだそうです。高価な着物を一目見たい!と思った場合、老舗呉服店などを訪れるといいでしょう。店主にいろいろな話を聞くことも出来るのでオススメですよ。

無料教室は本当に費用が発生しない?

着付け教室へ通うことを検討されている方の中には、まず試しに無料で開催されている着付け教室に行ってみることを検討されている方も多いでしょう。着付けを学ぶとなると着物や帯、様々な衣装や小道具代等が必要となってくるため可能な限り費用を安く抑えたいと考えるのは当然の事です。

しかし実際の所、無料教室は本当に無料で受講が可能なのかと問われると、もちろんそうとは言い切れないものなのです。あくまで着付け教室は文字通り「教室」でありボランティアではないので、最低限度発生してしまう費用というのが存在することもあります。いざ無料教室に通い始めた際に、費用を請求されてあわててしまったという事態にならないためにも、簡単にでも費用に関して把握しておく事をおすすめします。

まず第一に費用が発生する可能性が高いものとしてあげられるのが、小物代です。この小物とは着付けを行う上で必要不可欠となる足袋や紐等の各種小物を指します。この小物代は平均して3,000円前後の料金が発生する場合が多く、また着付け教室側が販売していない場合でも事前にレッスン当日には持参するように指示されることがほとんどです。考えてみると肌襦袢や足袋等を都度借りるというのも可笑しな話ではあるので、小物に関しては最低限自分で用意するという認識を持っておいた方がよいでしょう。

次はテキスト代です。着付け教室によっては管理費という呼び方もしますね。このテキスト代も平均して3,000円ほどの費用が発生する場合がほとんどです。授業に使用されるのはもちろんのこと、自宅に持ち帰って予習・復習を行うことができるものですので、小物同様着付けを学ぶ上では欠かせないもののため請求されてもおかしくないものと認識しておきましょう。

その他に発生する可能性のある費用としては、着物や帯のレンタル代や懇親会へ参加した場合のお茶代・交通費などが挙げられます。着物や帯のレンタルは無料を謳っている教室であればレンタル代が発生しない場合がほとんどですが、教室によっては5,000円前後のレンタル料金が発生することがあります。

そして着付け教室では各教室に通う生徒や講師の先生方が一同に集まる懇親会を定期的に開催している場合がほとんどのため、懇親会に参加した場合にはお茶代数百円の費用が発生、移動に伴う交通費を自己負担で支払う場合がほとんどです。

以上が着付けの無料教室に通う場合にも最低限発生する可能性が高い費用のまとめとなります。こうやって詳細を含めた各費用のまとめを確認してみますと、最低限お支払いするのにも納得の行く費用ばかりにも思えます。

また着付けは習い進めていく内にこだわりを持ち始め、お気に入りの着物や帯・小物類を購入したくなる場合がほとんどですので、無料・有料に関わらず着付け教室に通う場合には多少なりとも金銭的にゆとりを持った状態で通い始めることをおすすめします。

着付け教室は完全着付け初心者でも大丈夫?

着付け教室は完全着付け初心者でも大丈夫?

「着物」は現代においても親しまれているファッションです。
結婚式や七五三、成人式などのお祝い事をはじめ色々と着物を着るシーンはかなり多いです。
しかし着るのはそれなりに大変。
もちろん専門店の方に頼めば着付けをしてもらうこともできますが、自分で着付けができるようになりたいと着付け教室に通おうと思っている方もいるでしょう。

ですが、着付けの経験がない初心者には少し敷居が高いと感じる方も少なくありません。
果たして、着付け教室は初心者でも大丈夫なのでしょうか

 

初心者なら通いやすい着付け教室を選ぼう!

現在、インターネットで検索すると数多くの着付け教室がヒットします。
たとえば東京だけでも大小合わせて100以上の教室があります。
そのため、特に初心者の方はどの着付け教室を選べばいいのか分からないでしょう。

そこで初心者の方の場合は「通いやすさ」を重視して選ぶと良いです。
そうすれば初めての方でも大丈夫なはずです。
では具体的にどんな着付け教室が通いやすいのでしょう。

①初心者向けのコース・カリキュラムがある
一言に着付け教室といっても千差万別です。
今どきの教室は初心者の方を対象に優しく丁寧に教えてくれるところが多いですが、中には上級者向けのところも。
もし、よく調べずに上級者向けのところを選んでしまった場合、レッスンに付いて行けずに結局払ったお金が無駄になってしまうなんてことにもなりかねません。
そうなってしまうと困りますよね。
そのため、初心者の方でもしっかり通うことができるように初心者向けのコースやカリキュラムがあるところを選びましょう。
そうすれば、初めてという方でも無理なくステップアップしていくことができるので楽しく着付けを学び、身に付けることができます。

②少人数制か個人指導がおススメ!
着付け教室には1クラスの人数が3名前後で先生1人という少人数制から、1クラス30名前後で先生が3人という大人数制のところまであります。
そして初心者の場合は少人数制のところの方が最適でしょう
なぜなら一人ひとりの習熟度や能力に合わせて、きめ細やかな指導ができるからです。
例えば覚える速度は人によってバラバラです。
比較的早く覚えられる人もいれば、普通の人、少し遅めの人もいます。
それぞれが着物の着付けをマスターするためには大人数制では、個人個人に目が行き届かない可能性が高いです。
ですから、手取り足取り教えてくれる少人数制がおススメです。
また最近では、個人指導を行ってくれるところも出てきました。
こちらならマンツーマンで教えてくれるので、少人数制より丁寧な指導を受けられます。
平均的な相場と比べて少し費用は高めになってしまいますが、講師を独り占めできて丁寧なサポートが受けられるのでそれだけの価値はあります。
どうしても不安な方、周りの人を気にせず丁寧なサポートを受けたいという方には個人指導を検討してみてもいいでしょう。

③実践できる場やイベントがあるか?
特に、着付けをしっかりマスターしたいという初心者にとってはとても大切です。
せっかく着物の着付けが自分でできるようになっても、いざ実際に着物を着て外に出かけたら困ったり、トラブルになることもしばしば。
そのような状況になった場合でもきちんと対処ができるように、着付け教室によっては生徒を対象に、定期的に着物でお出かけするイベントを実施しているところもあります。
普段のレッスンで身に付けた着付けのスキルを実際に外に出て実践できるので、学んだことがしっかり身に付いているか確認することができるのでとてもためになります。

④着物はレンタルできるか?
初心者の中には「まだ着物や着付け道具を持っていない」という方もいるでしょう。
その場合は、教室で練習用の着物や関連する道具をレンタルできるかもチェックしておくといいでしょう。
また、レンタルする際の料金も確認しておくことが大切です。

気になる教室を見つけたら問い合わせを!

初心者の方は上記のポイントに気をつけて着付け教室を見つけると「通いやすい」教室が見つかるでしょう。
そして、気になる教室があったなら実際に問い合わせてみるといいです

いかがでしたでしょうか?私独自のリサーチではありますが、評判の良い着付け教室の比較・ランキングサイトを作成してみました。ここまで長々とお読みいただきありがとうございました。このサイトをご覧になられている方がお気に入りの着付け教室を見つけられることを願っています。